【SANO】日本のSubwayにがっかり

この頃のお気に入りランチはSubwayのサンドイッチ。 野菜も、お肉も、炭水化物(パン)も取れてバランスの良いお昼ごはん。 でもアメリカのSubwayに慣れていた私にとって日本のSubwayはちょっとがっかりしてしまう。 アメリカでは、まずfoot longか6-inchのパンかを選べる。 foot longはだいたい30センチぐらいの長ーいパン。 で、6-inchはその半分の15センチぐらい。 メニューを選ぶと、パンの長さを絶対に聞かれるのがアメリカ。 でも日本は何も聞かず、すでに15センチ程に切られたパンを出して、トーストするかしないかを聞いてくる。 別に30センチのサンドイッチを食べたいわけではないけど、ものすごーくお腹が空いてたらどうするの!?15センチのじゃ足りないでしょ!と静かにツッコむ。多分頼んだらfoot longを出してくれるのだろうけど、選択肢を提示して欲しい・・・   自分が食べたいサンドイッチを頼み、パンの長さ、種類を選ぶとアメリカはチーズの種類を聞いてくる。3種類ぐらい(確か、アメリカンチーズ、プロボローネチーズ、チェダーチーズ)のチーズから選べる。 でも日本ではチーズはエキストラでお金がかかるみたい。え!?サンドイッチにチーズない?!トーストする意味なくない??と思っちゃうよね。   アメリカンではミートボールサンドイッチというパンの間に大きなミートボールが詰まってるサンドイッチがあった。それにトローッととろけるチーズが抜群にあう。でもそれもない!!??ミートボール日本人も好きじゃん!!!!と思うがないものはない。でもその代わりにえびとかアボカドとか入ったのがあるみたいだから次回食べてみよ。   日本の野菜の種類って少なくない?パンに挟む野菜の量遠慮しすぎじゃない?アメリカは半分に切ったパンが閉まらないぐらい、口の横がさける勢いの大口開けなきゃいけないぐらい野菜もるのに、日本のサンドイッチはすごい控えめ。もう少しお・も・て・な・し、おもてなし、してほしいよね。   そんなこんなでサンドイッチが大好きな私。本当はSubwayだけでなく、ローカルなお店にも行きたいんだけど、探すのが面倒くさくて・・・いや、探します。サンドイッチラブを貫く!

【SANO】一人ぼっちのクリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。日本では、恋人と一緒に過ごす日だそうだ。東京のこの時期はすごい盛り上がってます!うん、イルミネーションと恋人たちだけが。 六本木のけやき坂・・・ミッドタウン・・・銀座・・・渋谷・・・どこもかしこもギラリンちょ。そしてそこには必ずカップルが大勢いるという。そしてそこに一人でただただイルミネーションを撮りに行くという私。なんか客観的にみたらすごく虚しい人だけど、実は意外と楽しんでる。意外とマイペースです。 先日新宿の街をぶらぶら歩いていると、黄色いプラカードを持ちスピーカーで「神様を信じなければ〜」、「神様を信じることによってあなたは・・・」なんて大音量で流している連中をなん人か目にした。 宗教のことだからセンシティブとは分かっているが、大音量で「神様を信じないと罪を償うために一生地獄に行きます」とか、「神様を信じるとあなたは報われます」とか言われると気に障るっていうのが本音。神様を信じていたら悪いことをしても、犯罪を侵しても天国に行けるんですか〜。神様を信じるだけで報われるのであれば皆とっくに 信じてると思いまっせ〜。と突っ込みたくなってしまう。実際に中学生ぐらいの男の子がプラカードを持っている人に色々と質問を投げかけてチャレンジしていた。もちろん相手を試すような質問ばかりだった。 この時期だからというのもあるが、ああやって道端でプラカードやスピーチで勧誘というのはどうかと思う。宗教はパーソナルなものであると私は考えている。だから無理に人を引き込むものではないと思う。 ああやって宣伝してどこまで効果があるのかは分からないが、自らの価値を下げているとしか思えない。うん、と言うかあんまり効果はないと思う。 アメリカではよくああやって勧誘する人たちを目にした。スコットランドでも結構いた。でもまさか日本でも見るとは思ってもいなかった。